Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考え方を考える 2

みんな知恵が浮かばないのに困っているみたいなので俺の能力をどうしたらコピーできるのかまた新たに考えたことを箇条書きしてみる

・俺が今までやってきたことは一通りみんなやってみたよね。みんな俺と同じことをやっているのに俺と同じロジックは誰にも真似できない。これは経験の違いじゃないね。

・一つの問題に対して本来たくさんのアイディアがあってその中に限られた数の正解しかない。でもその問題では間違っている答えも別の問題では答え。

 ひとつの問題に会議でABCDEのアイディアがでた。その内答えはDだけだった。でも別の問題ではBだけが答えだった。そういうことがあるよね。

 人が折角出してくれた建設的な意見を否定するのが俺は怖い。その意見を否定したばっかりに問題が解決できない、あるいはその問題では間違いだったかもしれないけど、別の問題では答えでそのことを見逃してしまった場合、意見を出してくれたその人になんて謝ればいいのか、俺は怖い。

 であるがゆえに俺は意見出してくれた人の意見は例えそれが間違っていてもそこから学ぶべきことを必死に探そうとする。

・俺にメンタル面でも近づこうとすればまた何かわかるんじゃなかろうか

・俺は怖がり。

・たぶんこう過去の失敗パターンが頭の中にたくさん入っていて「今はその状況じゃない」って感じるまで動けないんだわ。

・普通の人は行動→結果っていう物事を単純化しすぎてるんじゃないだろうか。
結果にもいろんな結果がある。成功には完璧な成功もあればちょっと穴があるけどまぁいーや的な成功と失敗すれすれの成功と。
失敗にも論外の失敗もあればちったあ健闘したけど足りなかった失敗もあれば、いいとこまで行ったけど足りなかった失敗、もうちょっとで成功なのにうまくいかなかった失敗もある

困難な課題を解決した成功例はたった1つの成功のために99の失敗を繰り返すものだけど、 99の失敗も同じ失敗じゃなくて、少しずつ成功に近づいてる失敗なわけよ。困難な課題を解決出来る人ってのは失敗しても失敗の中でもどの失敗なのかちゃんと分析して「あ、前より良くなったな」っておもう。解決できない人は失敗は全部同じ失敗だと思ってるから自分のやってること全否定してしまう。あるいは逆に闇雲に同じこと繰り返すだけで一向に解決に近づかない。

自分が今どのレベルの失敗にいるのかってのを考えるセンスも訓練がいるんだけどな。

・ほんとに難しい課題の多くはこういう問題なんじゃないだろうか。会議でABC三つの意見が出た。答えはA1% B9% C90%だった
この場合会議の段階でAは論外だって全否定される。Cが大体答えなのでみんなCに集中する。Bも必要だってことにはもしかしたら気づくかも知れない。でもAは全否定してるから最後の1%にだれも気づかず、プロジェクト自体失敗してしまう。

だから人の意見を全否定するってことがどれほど恐ろしいことかってね。

・でも全否定しなきゃいけないこともあるよ。そりゃ。俺鳩山由起夫全否定してるもん。でも心のどこかで鳩山由起夫全否定してることが彼の1%の正しさに気づかず後々大失敗のフラグじゃないかっていう一抹の不安がいつもあるある。だから当面の行動は鳩山由起夫全否定した上で行動するけど鳩山由起夫って文字をニュースか何かで見る度過去を振り返って鳩山由起夫が正しいことはほんとにないんだろうかって検証するね。

だからその意味では鳩山由起夫全否定してないんだよ。当面の行動の上では全否定するけど、思考の上では全否定してない。
当面臨海セミナーは全否定してるけどもしかしたら臨海セミナーもちゃんと反省して今はすげえいい企業になってるかもとかおもってよく観察する。だからその意味で俺は臨海セミナーを思考の上では全否定してない。臨海セミナーいい企業になったと思うよ実際。お客さんと、ベテラン教師と新米教師がちゃんと信頼関係結んだんだなってことが臨海セミナーのネットのクチコミから伺える。臨海セミナーが未来永劫絶対完全にダメ企業だと思って観察をやめてしまう人は臨海セミナーのいいところに気づけない。

自分を否定する怖さもあるね。怖さっていうか口惜しさ。人のアイディアが90%自分のアイディアが10%正しかったとして、もちろん相手の方が正しいわけだから口惜しいけど当面自分はおいといて、相手のアイディアを採用するわけよね。でも自分を全否定したばっかりに成長が妨げられてしまう。相手が自分のアイディアに近いことをやりだしてやっぱり相手が自分より成功する。

折角相手を上回るものを持っていたのにそれを全否定したばっかりに相手に自分のアイディアを利用されて自分よりうまくやられてしまう。ってのは口惜しくないか。

だから、自分を全否定するのも怖いね。

のちのちの大失敗を予想して全否定を恐れるっていうのは出てきたアイディアを最大限生かすために一つ必要なことではないだろうか。

・てか普通アイディアってのは間違ってるもの。アイディアABCが出たとしたら普通ABC全部間違ってる。複合案も大抵間違ってる。足りないものを一つ一つ修正していった最終案が正しい答え。俺が提案したアイディアの中に一つとして正しい答えはないと思うよ。俺のアイディアを元に修正した最終案が正しいんだろ?

でもその正しい唯一つの案にたどり着くために、たくさんの間違った案が必要でそれらのいいところをかき集める必要がある。

普通の人は失敗は全部同じ失敗、間違いは全部同じ間違いだとおもってるからこんな複雑な成功プロセスを進めるはずない。
だから同じ失敗でも失敗の中身、同じ間違いでも間違いの中身が大事なんだよ。

・行動ってのはすぐ結果になるわけじゃない。行動して物事が動いていく。いろんな段階、いろんなプロセスを踏んで結果になるわけだよね。そのプロセスをよく観察してみてはどうだろうか。

行動した結果途中まではプロセスがうまく働いたけど最後のどんでん返しで引っくり返ったとか、行動した結果ほとんど悪いプロセスしかなかったけどちょっとだけうまく働いたところもあったとか。

だから成功までにABCDEの五つのプロセスがうまくいく必要があるとしよう

1案ではAしかうまくいかなくて失敗
2案ではBCDしかうまくいかなくて失敗
3案ではBとEしかうまくいかなくて失敗。

どれも同じ失敗だけど、こうやってプロセスをちゃんと分析してればプロセスAでは1案プロセスBCDでは2案プロセスEでは3案を採用する複合案ならうまくいくってことがわかるわけよ。

白石先生なしじゃどう頑張っても貧乏生活から抜け出せなかった。自分と白石先生では同じことに取り組んだのに結果は全然違った。人が貧乏になるプロセスをよく考えてみるのね。白石先生はどのプロセスで自分とどう違うことを考えたからうまくいったのか。白石先生が考えたことはなぜうまくいったのか。それを考えてみたらつぎ別の問題のときに自分の失敗した経験白石先生の成功した経験を生かすことができる。

・この動画ええわ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ツイッター

お前誰だよ

テルル

Author:テルル
昔の記事は片っ端から消えていきますが、naverの方に移るだけです。2015年上半期の記事はこちら

厨二、傲慢、哲学野郎のテルルです。
僕は自分の考えたこと間違いだって気づくまで正しいと思うし、誰かに聞いて欲しいです。

まがんばれ( ´▽`)と思ったら応援よろしくお願いします(´∀`)↓↓
東大生ブログランキングにほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

高一の冬休み、俺は2chの哲学板にはまった。世の中で恐れられてるねらーの哲学板の奴らを全て敵に回し「Res Killer」というコテハンで俺は各スレで暴れまくった。高三の頃再び出没したら俺のことを覚えてくれた人がいたようだ
参考サイト:第一回北野杯 ~俺を論破したら一億円!~

名前のとおり批判ばかりしていた。なにせ自分の意見をいっても大抵無視されるのでつまらない。批判ばかりだったが「では物事というのはどう考えれば正しいのか」た自然に考えるようになった。考えた問題については俺はすべて自分なりの答えを見つけることができた。それを繰り返しているうちに考えが整理され自分のすべきことが見えてきた。

 仮にこの複雑に見える世の中の問題全てに2chの哲学板で考えたように答えを見出すことができたら、俺はもう人を困らせることも傷つけることもなくなり、心から納得できる人生を歩むことが出来るのではないか。数学しかできないミスばっかりで人とまともに話もできない自分が世の中に価値をあたえることができるとしたらそれしかない。

理解してくれる方の質問と相談には誠意を持って答えたいと思います。

ただこのページは普段人を傷つけないために隠しに隠している僕のありのままをわかってほしいために書いています。なので容赦ない反論を覚悟してください。そうでないとこのブログを作った意味がないのです。
深い深い闇、その最奥の小部屋の僕の本質にたどり着けたならあなたは僕の神
ぼくの哲学は数学と同じく積み重ねて行くものなので、過去の記事を読まないと理解できないものが多々あります。CP理論と想系、類論はかなり重要なので右上の検索欄で調べてくれるといいです。そのまま検索しても変なページに飛ぶだけですが「ウェブ全体」ではなく「ブログ内」で検索するとうまくいきます

俺が一番分かってほしい考えを人にわかるように一生懸命まとめたwebページはこちら
国郷家計画
テルルのプロフィールの詳細はこちら!
俺の哲学は三つに分かれている。世の中の理想についてどこまでも追っていく理想の哲学、世の中の仕組みに関する一般論である構造の哲学、向き合っている現実を解釈していく表象の哲学。俺は高校二年の一年で理想の哲学をほぼ完成させた。俺はその理想の哲学(特に基幹理論)を広く世の中に訴えたいのである。

ところが俺がどんな努力をしようと、この文章を書いているカフェにテロリストが現れたら俺は今この瞬間にも死んでしまう。死んだら今までの苦労全て水の泡である。というわけでとにもかくにも理想の哲学を完全な形で世に遺さなくては! と思って去年の十月俺は本を書いたのである。中野ブロードウェイのタコシェという同人誌をおいてもらえる本屋さんに置いてもらった。AmazonのKindleでも買える。(下の画像をクリック)

執筆の目的は俺の考えを世に存在させること。利益は度外視。理想の哲学が端から端まで体系的に理解できる。初見で読むと抵抗あるかもしれないが、このブログ読んで関心もてた読者なら面白いと思う。
本の表紙

幸福について 理想の理論
ホームページはこちら。去年作ったのだがあまりにもちゃちいのでいつかグレードアップしようと考えている。というかツイッター、国郷家計画、殴り書き哲学含め、テルルの発信媒体のあり方をそろそろ本格的に考えようと思う。
殴り書き哲学
ツイッター @terullium1

人気記事(月一更新)

第一位
正義の一意性 へ
二百年の論争認識論に決着をつけようとした

第二位
詳説 状態方程式とポアソン く 差分
数学オタク記事なんですけどね。意外に殴り書き哲学ユーザーは理系?

第三位
テルルの恋愛史 いよ 三月終盤の再び
あまり派手に宣伝してないんだけど、人気。う~ん、まぁ確かにドキドキするかもね。

第四位
[テルルについて]五階層
俺がどういう女が好きかという話なんだけど、そんなに興味ある?

第五位
詳説状態方程式とポアソン よ ネイピア数 丙
最近正義の一意性をおして状態方程式とポアソンが人気ですね。これ普通にいろんな教科書に書いてあることなんだけど面白いか。
   
第六位
恋愛理論 リ だから俺は
学生団体の人を人とも思わない接客に激怒した。でもあとで知ったのですが、これがスタンダードなんですね、世の中の

第七位
テルルのコミュ力史 は 一年
恋愛史の途中で出来事の背景として説明したコミュ力史三本編の第三篇。俺が哲学を始めた理由。まぁいろんなところにかいてあるんだけどね、これは

第八位
正義の一意性 ら
正義の一意性に例証を与えました。人気ですね、正義の一位性は。

第九位
十月十八日
去年の十月のこの日すごくいろんなことがあって、一日でこんなにいろんなことがあるのかとびっくりしたから書いてみた。

第十位
テルルの恋愛史 いな ワイングラス
失敗の夜に何気ない発見があった。

検索フォーム

将棋宣伝ごった煮

テルルが勉強した本

右サイドメニュー

CM!><


新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

テルルの保守思想に根本的影響を与えた漫画。俺たちの生命と幸福のために人生を、家族を、青春を擲った神の如き尊い先の大戦を雷鳴のごとく駆け抜けた祖先の物語。
この内容を知らずして左翼を騙るのはやめてほしい

参考記事→哲学バトン

センター試験過去問研究 国語 (2015年版 センター赤本シリーズ)
思想家を目指す受験生諸君にはぜひ国語をよく勉強して欲しい。国語なんて勉強しても成績上がらないという馬鹿を横目に、俺は中高六年間報われない努力を続けた。そしたら高校三年の最後に成績は上がり、他教科と並ぶ俺の得意科目になった。
言論に関する評論能力も文章力も飛躍した。入試問題というのは一流の出題者が組織の威信をかけて、選びに選ぶので、文章自体勉強になることが非常に多い。だから受験生以外の人にもオススメ。成績が上がる上に思想形成の一助になるのである。まさに一石二鳥。
参考記事→遜と敏

俺もやってる
アンケートモニター登録

最新記事

ブログを端から読む

カウンターなんだが。

うおおおおおおおおおおおおお
ありが! とぅ!(ゝ。∂)

ブロとも申請フォーム

各種宣言

テルルはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。