Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済政策提言1

悩み深き日本の経済政策についてちょっと一つ思いついたので提言。首相官邸にもメールしようと思う。

1.経済政策の考え方

経済の二極端の考え方として産業資本主義と共産主義というのがあるわけだがこれらの考え方がうまくいかなかった理由を考えてみると複雑な人間、社会に対して競争100規制0、競争0,規制100というやりかたがあまりに無茶だったことが言えると思う。完全無欠の人間理解に即した規制ならともかく、恋愛もアルバイトもしたことない数学者が象牙の塔で数式だけで練り上げた規制がうまくいくはずがない。システムの抱える矛盾を放置したまま、各国極端な経済思想にこだわり続けたために矛盾が大きくなりすぎた。人間の性質と矛盾したことをやっているから精神病患者や自殺者の数が増える。

理想の経済政策とは極端な0/1ではなく、社会全体の調和が取れるように色んな要素のベストミックスを考えること。経済政策を考えることは、人間、社会、そして文化について考えることなんじゃないかねえ。0/1の単純なやり方ではなく、人間理解に即したきめ細やかな切れ目のない市場ゲームのルールを作ることが経済政策の役割ではないか。社会全体が国民が生きるのに都合が良いよりよいゲームのルールを作ることが経済政策の役割ではないか。

経済システムに構造問題が起きたら、人間理解、社会理解が不足していると考えるべきではないか。経済システムに構造問題があったら、人間、社会、文化について分析して知見を積み重ねるべきだ。新たに得られた人間理解を元に、より良いルールを作っていく。再び構造問題がおこれば、それは人間理解が不十分だからだ。人間理解を深めることを考えて分析して、得られた知見を元に新たなルールを作る。

【経済システム構造問題の原因は人間理解が不足していることにある】
構造問題が起こる→人間、社会、文化への理解を深める→新たなルールを作る→新たな構造問題が起こる。

この試行錯誤できめ細やかなルールを作っていくのが経済政策の基本的な考え方ではないだろうか

2.現状の経済政策の問題点
経済問題の根本的なところは

経営ノウハウを企業だけが握っていること。企業は強みがなければ戦えない。企業がその強みを持つために企業秘密があるのは構わないのだが、余りに重要で基本的なノウハウを秘密にしていることが市場競争のゲームバランスをおかしくしている。
マクロ的に考えると政府は経済を回すためのノウハウを何も持っていない。持っていないから企業に自分で考えて勝手にやってもらう他ない。ノウハウを持っていない政府がいくら音頭をとってノウハウを持っている企業を動かそうとしても、中々みんな委員長の言うことを聞いてくれないわけですよ。もし政府が企業とノウハウを共有していれば、より有効な指示が出せるのではないか。

法律例
一定以上の規模の企業は事務、現場、経営のそれぞれのレベルで一人ずつ政府の人間を選んで雇わなければならない。

この法律があれば、企業のノウハウが政府と共有される。この法律のリスクとして雇った役人から企業の秘密が漏れると企業にとっては大変な損害になる可能性がある。この法律が効力を発揮するには政府が企業の秘密を守り、不当な理由で企業の利益を損なったりしない、公正な政府である必要がある。


3.ミクロ経済の問題
個人的にマクロ経済よりミクロ経済の方が根本的で重要だと思う。

日本のミクロ経済の最大の問題は起業できないことです。

日本はどうしてこうも個性否定の抑圧的な経済なのか。それは起業できないから。

年功序列制とはなんだろうか。年功序列制は企業が労働者に土下座する仕組みである。戦後の日本ではだれも就職しなかった。みんな起業してそれなりにうまくいってたから。年功序列制とは企業が土下座して「お願いだから私んところで働いてください」という制度なんですね。

これが端的に僕の考える経済の理想像ですね。今の企業は人様に対して偉すぎる。企業も何も悪気が有って選り好みしているわけではないが、今のシステムでは企業の利益を追求しようとすれば誰がやってもそうなる。全ての人は二度と生まれてこない特別な個性。企業に不適なやつなんているはずがない。経済は誰のためにあるのか。企業も労働者も人事に関してこれほど揉めること自体、経済が目的を見失っている証左。まさにここが経済の構造問題でしょうが。

現状のシステムは起業家にとって厳しすぎる。起業するには頭のいい人が沢山集まった組織を相手に競争して勝たなければならない。負ければ生きることもできない。このような経済ではそりゃあ個性否定になるわな。経済がグローバルすぎて地方の割と良さげな企業も全部都会の大企業に負けてしまう。市場の競争原理は何も個性否定、地域性を否定することを目的として設定されているわけではない。大企業ほどの高給でなくても、起業すれば誰もが人並みの努力でベーシックインカム、家族を養うくらいの最低限の稼ぎを持てる。もしそのような社会であれば起業が人生の一つの選択肢になり、企業への就職は絶対ではなくなる。抑圧的な経済が改善されるはずだ。ベンチャー企業が最低限営業を続けていけるような最低限の基本的なノウハウまで大企業の企業秘密なのはおかしい。基本的ノウハウは社会全体で共有する仕組みがあるといいのではないか。

大企業が威張るグローバル経済のいいところは産業力だね。安くて品質の保証された製品を大量に生産できるところ。我々は不公平で世知辛い日本経済に愚痴ばかり零しているが、いくらブラック企業で薄給で働いていたとしても、全ての人が平和な日本社会で生きていくことができる。商品を選り好みできる文化的豊かさがある。消費者庁はどんな小市民の利益も守ってくれる。俺たちが普段意識しないで何気なく暮らすことのできるこの「当たり前」は大企業の圧倒的な生産力があって始めて可能になる。社会に絶対的な産業力がなければ政治や社会システムの力でどれだけうまく富を配分しようとも弱者は生きることさえできないということは歴史の重要な教訓だ。

我々が幸運にも普段意識しないで済んでいる「当たり前」を守るには市場に出回る製品に基準を設けて、基準をクリアした製品だけを流通させるべきで、市場ゲームで立場の悪い地方企業、中小企業であっても基準をクリアしない企業が保護されるべきではない。

法律例
一.
---
甲 この法律に定める基準を満たした商工業者は役所に申請して特定の外来製品に地域関税をかけることができる
乙 地域外の業者は該当自治体に対して関税として消費税15%を払わなければならない。地域内の業者は消費税8%のまま
丙 地域内に信用力のある企業が複数あり、適切な競争が維持されなければならない
丁 この法律で設定された地域関税で地元の消費者が不当な不利益を被る場合、消費者は住民10%の署名と議会の過半数の賛成で地域関税を撤廃できる。
戊 関税は地域財政健全化と地域企業の支援に充てる
---
地域経済振興策。地域企業を保護する方法は色々ありそう。当該地域で大企業は自前の小売店でしか商品を並べてはいけないとか

---
・一定規模の企業に政府から公的産業スパイがつく
・ノウハウ定式化委員会で全国に業者養成機関を作る
・公的産業スパイと定式委員会のやってることが適切かを判断する第三者委員会
---

ノウハウの定式化はどこまでうまくいくんだろうか。
そんなことを企業自身ができるなら、企業の人材確保はもっとスムーズなはず。
「見て学べ」としか言えないような高度な経験と勘による高度なチームワークで産業水準を維持しているのかな・・・

まぁでもそこは頭のいい役人が頑張ればできるんじゃねっていう

流石に大企業のノウハウ全部を普及するのはまずいから、大企業は強みを持ち続けるし、内部留保や信用力、ブレーンや人材も沢山居る。それと地域企業の保護策と、地域住民の政治的支援
が釣り合うかどうかだね・・・今よりはマシなはず・・・ベーシックインカムが上昇すれば消費も上向くし好循環なはず・・・

グーグルのサーバー維持とかそんなに難しいの?
そんなに儲かる基本インフラなら公営化できないのかな。
塩鉄法と一緒だよ
そりゃここまでの莫大なサーバー構築苦労したと思うけどさ・・・Googleが独占してる状況まずいんじゃない?検索エンジン公の力でなんとかならんのか。

勉強なら誰にでもできるからね。日本人はブラック企業の薄給我慢してノウハウ身につけるんじゃないですか。経済を回すだけの学習力は全ての人にある。東京デザイン学院とか東大早慶ほどの学力じゃなくても普通の学生を一流のエンジニアにできてるじゃないですか。

IoT、人工知能(俺は人工知能きらいだが)のみならず既存のITの自動化技術を普及するだけで、工作機械を新素材に置き換えるだけで産業力は劇的に進歩する。ITは人並みの努力でだれでも身につけられる。日本の製品は更にベラボウに安くなる。

自動化が進むとモノが安くなって相対的に人間の価値が上がる。
人がいるところは値段が昔から変わらない。
教育費がベラボウに上がる理由はここだな。

パソコンの値段はなぜこうも高いのか
タイの洪水でHDD工場被災→中国でメモリー工場炎上があり
windows7の中盤から価格上昇は始まっていました。
最終的に円安になりメーカーが耐え切れず販売価格に反映されたのが
windows8発売時期と重なったためです。

パソコンの価格の内訳
アバウトですがとりあえず内訳です。
メモリ 2000円
CPU 6000円
HDD 6000円
マザーボード 10000円
無線LAN 3000円
DVDドライブ 6000円
キーボード・筐体 5000円
モニタ 20000円
VISTA 15000円
Office 20000円
あとは組み立て料・リサイクル料・サポート料・その他手数料
などです。

ハードディスク交換なら比較的大容量のもので1万円前後で可能だと思います。

建築をやるだけ

日本の大学の工学部のあり方っておかしいと思うよ。
なんだよ生物の動きを応用した工学って。
そんなことよりも世の中が開発して欲しい機械いっぱいあるだろうが
新技術が高くつく理由は開発費を回収するためだが
開発費かけんくても既存の技術組み合わせるだけで莫大な富が生まれると思うのは俺だけですかー

やっぱ基礎知識が足りないねここら辺もうちょっと調べて書き直します

やっぱ社会の産業力が足りないんじゃね。根本的に。産業力を強化すれば指を動かしただけで金が入るバブル期みたいになるんじゃね。そうなったら起業天国やで。

なにが安くなったら生活楽になる?
欲しいものと必要なものが全部10円になったらもう俺ら働かなくていいぜ。
パソコンも10円ゲームも10円、交通費10円、ホテル代10円、大学の授業料年間10円

日本経済支えてんのってまさかのブラック企業!?( ºωº )チーン…
残業時間に上限とか働き方改革ってもしかして逆効果!?( ºωº )チーン…
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ツイッター

お前誰だよ

テルル

Author:テルル
昔の記事は片っ端から消えていきますが、naverの方に移るだけです。2015年上半期の記事はこちら

厨二、傲慢、哲学野郎のテルルです。
僕は自分の考えたこと間違いだって気づくまで正しいと思うし、誰かに聞いて欲しいです。

まがんばれ( ´▽`)と思ったら応援よろしくお願いします(´∀`)↓↓
東大生ブログランキングにほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

高一の冬休み、俺は2chの哲学板にはまった。世の中で恐れられてるねらーの哲学板の奴らを全て敵に回し「Res Killer」というコテハンで俺は各スレで暴れまくった。高三の頃再び出没したら俺のことを覚えてくれた人がいたようだ
参考サイト:第一回北野杯 ~俺を論破したら一億円!~

名前のとおり批判ばかりしていた。なにせ自分の意見をいっても大抵無視されるのでつまらない。批判ばかりだったが「では物事というのはどう考えれば正しいのか」た自然に考えるようになった。考えた問題については俺はすべて自分なりの答えを見つけることができた。それを繰り返しているうちに考えが整理され自分のすべきことが見えてきた。

 仮にこの複雑に見える世の中の問題全てに2chの哲学板で考えたように答えを見出すことができたら、俺はもう人を困らせることも傷つけることもなくなり、心から納得できる人生を歩むことが出来るのではないか。数学しかできないミスばっかりで人とまともに話もできない自分が世の中に価値をあたえることができるとしたらそれしかない。

理解してくれる方の質問と相談には誠意を持って答えたいと思います。

ただこのページは普段人を傷つけないために隠しに隠している僕のありのままをわかってほしいために書いています。なので容赦ない反論を覚悟してください。そうでないとこのブログを作った意味がないのです。
深い深い闇、その最奥の小部屋の僕の本質にたどり着けたならあなたは僕の神
ぼくの哲学は数学と同じく積み重ねて行くものなので、過去の記事を読まないと理解できないものが多々あります。CP理論と想系、類論はかなり重要なので右上の検索欄で調べてくれるといいです。そのまま検索しても変なページに飛ぶだけですが「ウェブ全体」ではなく「ブログ内」で検索するとうまくいきます

俺が一番分かってほしい考えを人にわかるように一生懸命まとめたwebページはこちら
国郷家計画
テルルのプロフィールの詳細はこちら!
俺の哲学は三つに分かれている。世の中の理想についてどこまでも追っていく理想の哲学、世の中の仕組みに関する一般論である構造の哲学、向き合っている現実を解釈していく表象の哲学。俺は高校二年の一年で理想の哲学をほぼ完成させた。俺はその理想の哲学(特に基幹理論)を広く世の中に訴えたいのである。

ところが俺がどんな努力をしようと、この文章を書いているカフェにテロリストが現れたら俺は今この瞬間にも死んでしまう。死んだら今までの苦労全て水の泡である。というわけでとにもかくにも理想の哲学を完全な形で世に遺さなくては! と思って去年の十月俺は本を書いたのである。中野ブロードウェイのタコシェという同人誌をおいてもらえる本屋さんに置いてもらった。AmazonのKindleでも買える。(下の画像をクリック)

執筆の目的は俺の考えを世に存在させること。利益は度外視。理想の哲学が端から端まで体系的に理解できる。初見で読むと抵抗あるかもしれないが、このブログ読んで関心もてた読者なら面白いと思う。
本の表紙

幸福について 理想の理論
ホームページはこちら。去年作ったのだがあまりにもちゃちいのでいつかグレードアップしようと考えている。というかツイッター、国郷家計画、殴り書き哲学含め、テルルの発信媒体のあり方をそろそろ本格的に考えようと思う。
殴り書き哲学
ツイッター @terullium1

人気記事(月一更新)

第一位
正義の一意性 へ
二百年の論争認識論に決着をつけようとした

第二位
詳説 状態方程式とポアソン く 差分
数学オタク記事なんですけどね。意外に殴り書き哲学ユーザーは理系?

第三位
テルルの恋愛史 いよ 三月終盤の再び
あまり派手に宣伝してないんだけど、人気。う~ん、まぁ確かにドキドキするかもね。

第四位
[テルルについて]五階層
俺がどういう女が好きかという話なんだけど、そんなに興味ある?

第五位
詳説状態方程式とポアソン よ ネイピア数 丙
最近正義の一意性をおして状態方程式とポアソンが人気ですね。これ普通にいろんな教科書に書いてあることなんだけど面白いか。
   
第六位
恋愛理論 リ だから俺は
学生団体の人を人とも思わない接客に激怒した。でもあとで知ったのですが、これがスタンダードなんですね、世の中の

第七位
テルルのコミュ力史 は 一年
恋愛史の途中で出来事の背景として説明したコミュ力史三本編の第三篇。俺が哲学を始めた理由。まぁいろんなところにかいてあるんだけどね、これは

第八位
正義の一意性 ら
正義の一意性に例証を与えました。人気ですね、正義の一位性は。

第九位
十月十八日
去年の十月のこの日すごくいろんなことがあって、一日でこんなにいろんなことがあるのかとびっくりしたから書いてみた。

第十位
テルルの恋愛史 いな ワイングラス
失敗の夜に何気ない発見があった。

検索フォーム

将棋宣伝ごった煮

テルルが勉強した本

右サイドメニュー

CM!><


新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

テルルの保守思想に根本的影響を与えた漫画。俺たちの生命と幸福のために人生を、家族を、青春を擲った神の如き尊い先の大戦を雷鳴のごとく駆け抜けた祖先の物語。
この内容を知らずして左翼を騙るのはやめてほしい

参考記事→哲学バトン

センター試験過去問研究 国語 (2015年版 センター赤本シリーズ)
思想家を目指す受験生諸君にはぜひ国語をよく勉強して欲しい。国語なんて勉強しても成績上がらないという馬鹿を横目に、俺は中高六年間報われない努力を続けた。そしたら高校三年の最後に成績は上がり、他教科と並ぶ俺の得意科目になった。
言論に関する評論能力も文章力も飛躍した。入試問題というのは一流の出題者が組織の威信をかけて、選びに選ぶので、文章自体勉強になることが非常に多い。だから受験生以外の人にもオススメ。成績が上がる上に思想形成の一助になるのである。まさに一石二鳥。
参考記事→遜と敏

俺もやってる
アンケートモニター登録

最新記事

ブログを端から読む

カウンターなんだが。

うおおおおおおおおおおおおお
ありが! とぅ!(ゝ。∂)

ブロとも申請フォーム

各種宣言

テルルはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。